シールラベルにも色々種類がありますまず一般的な「材料」の違いで簡単にご説明いたしましょう

名称 基材 特徴
PVC   塩ビ  耐水性・耐候性に優れています屋外などの使用に使われています
PET ポリエステルフィルム 耐久性・対薬品性がある透明などは化粧品ビンなど広く使用されています
ネーマー ポリエステルアルミ蒸着 耐熱性・耐薬品性に優れている艶ありもあります
アート 塗工紙 上質紙よりも表面は滑らかで上質紙よりもべた塗り印刷向きです
ミラコート 表面に艶があり高級感がある
上質紙 表面に艶はないが安価で手ごろ 線画印刷向きです
リピール 紙・PET 特殊糊で はってはがしてまたはれます

写真1

印刷方法も色々あります
印刷方法 説明
スクリーン印刷 孔版印刷方式・材は開口部をつけながら樹脂糸を織った物で糸の太さ、開口部の大きさを変えることにより印刷物の粗密が決まるもの 印刷方法は
の表面にインクを載せ、樹脂板のスキージ(へらのような物)でインクを掻きながら押し出し表から裏へインクを通過させるものです シール材はもちろん
布・プラスチック・金属・ガラス幅広い用途を持っていますプリント基板などの電子部品も応用されています
オフセット印刷 印刷版のインクを一度ゴムブランケットのような転写体に移し、このインクをさらに被印刷物に転写する間接印刷法。オフセット印刷では平滑性のよくない被印刷物に印刷が可能。
凸版輪転ラベル印刷 樹脂凸版を使い材料はロール状の巻き取り、高速印刷が可能ですUV乾燥により重ね印刷(多色)も出来ます機械に幅制限があり200mm幅までが有効です。